Lonely Planet with FilmCamera

孤独な地球を写して

カメラという相棒

f:id:mr-explorer:20180124194531j:plain

私は2台カメラを所有していて、どちらも長いこと使っている。1つは高校生のときにわずかな貯金とお年玉を全額費やして新品で買ったNikon D90というデジタル一眼レフカメラ。もう1つは大学生の頃に中古で購入したNikon FMというフィルムカメラNikon D90はタフなカメラで、アイスランドやフランス、台湾を旅したときも問題なく動いてくれた。一度扉にはさんでしまって、レンズとボディを結合するところがバキバキに折れてしまったが、修理のおかげで復活。今まで私の人生を沢山写してくれた本当に頼もしいカメラだ。D90がいなかったら、私の人生はメモリ3つ分くらい下がっていただろう。

またD90には、写真を撮ることの楽しさや新たな出会いやきっかけを恵んでもらった。D90をLaura(ローラ)と名づけて、もう相当長いこと使っている。当時のデジタルカメラは発展途上にあり、毎年新しい機能が追加されている。今D90を見てみると、同じデジタルカメラとは思えないほど旧式で、有る意味骨董品のようだ。しかしまだまだ現役で、私のそばに寄り添ってくれる。D90は、それほど私の人生の相棒となっているのだ。

一方フィルムカメラのNikonFMは、1980年以前に製造されたもので(詳しくは知らないが)、私が生まれる前のカメラだ。こちらはD90と違ってデジタルではなく機械式で、電池やバッテリー無しでも作動する。何よりデジタル補正がない分、マニュアル操作とあって、自分でシャッタースピードや絞りを調整しながらフィルムに像を写していく。フィルムのよさは、そうした写真撮影の一連の流れを自分で体験できること、仕上がった写真に温かみが生まれること、1枚1枚丁寧に撮影するので、そのときの空気感まで含めて強く印象に残っていることだ。

どちらのカメラが良い悪いというわけではなく、全く性格もタイプも異なるカメラが、私は好きだ。D90のほうは完全に私の過去が詰まっているし、FMのほうは長い伝統が息づいていると感じる。

最近FMの調子が悪く、仕事が早く終わった日には、一度メンテナンスをお願いしようかと考えている。メーカーサポートもとっくに終了しているので、対処してくれるかわからない。ただ、まだまだ現役で、がんばってもらいたいのだ。