Lonely Planet with FilmCamera

孤独な地球を写して

雨の日の再会

f:id:mr-explorer:20180623215435j:image

今日は雨。梅雨らしい気候だ。雨は嫌いではないが、何せ洗濯物が乾かない。一人暮らしでもヒイヒイ言っているのに、ご家庭を持っている方々はどのように対処しているのだろうか。

今日は久々に友人に会ってきた。友人に会うなんて、3ヶ月ぶりだ。この間、お付き合いしてる方以外では、誰とも会っていない。だから友人に会えることを前々から楽しみにしていたのだ。

その友人とは学生ぶりで、定期的に連絡も取っていなかったから、一体どこで何をしているのかも分からなかった。会って見ると、紆余曲折ありながらも日々を楽しんでいるようだった。学生時代の印象では、素直で謙虚、そして実直に前に進むタイプの方だと思っていた。実際、今日会ってみてもその印象は変わらなかったのだが、もう1つ、自分の行ってきた事柄に対して、自分なりにちゃんと評価している強さを私は認めた。多くの人は自分が行ってきたことに対して、それがうまくいっていない場合には悲観的になったり自虐したりするものだが、その人は飽くまで公正に自分の行ったことを評価しているようだった。それができるのは、良い意味でも心の強ささだと、私は思っている。

学生の頃から自分のペースで努力している友人に、勇気をもらった気がする。会えたこと、私は嬉しかった。