Lonely Planet with FilmCamera

孤独な地球を写して

オリンピックに熱中しているが。

f:id:mr-explorer:20180220123621j:plain

オリンピックを熱心に見ている。今までのオリンピックは、どちらかといえば「偶然時間が合えば」見ていたけれど、今回は「合えて時間を作って」見ている。

オリンピックってこんなに面白かったのか。1つはこの週末に羽生くんと小平さんが金メダルを取ったことが大きいが、それ以前に普段見られない競技の世界トップレベルのドラマが生放送で見られると思うとわくわくする。

世界で輝く選手を見ていると、自分の頑張りなんてほんのちっぽけで、もっと頑張ろうと思える。だから、仕事で帰宅してからオリンピックを見るのが楽しみだし、何より次の日からの活力なっている。

とはいえ、各局の日本人しか映さない放送プログラムには飽きてくる。羽生くんや小平さんをヒーローに仕立て上げるべく組まれた特番は全く持って何が面白いのかわからない。どの放送局でも同じような構成で、同じような映像ばかり使用して番組を作るのはやめてもらいたい。そんな映像はオリンピックが終わってからゆっくり流せばいいのであって、まだオリンピックは終わっていないしこれから出番を控えている選手だって数多くいる。それに、日本人選手だけでなくそれぞれの競技で世界トップの人にもちゃんと注目してもらいたい上に、テレビで放送されないマイナー競技にももっとスポットを当てて欲しい。

せっかくのオリンピックなのだ。羽生くんや小平さんの活躍はとても嬉しいが、フィギュアやスピードスケート、ジャンプだけでなく日本人が余り出ていないスポーツも視聴者に紹介してもらいたい。いろんなスポーツに対する理解は、2020年東京オリンピックの滋養にきっとなるはずだ。視聴率狙いの番組が多いことだけみると、まだまだ課題は多く残る。