Lonely Planet with FilmCamera

孤独な地球を写して

実家に帰って思うこと

f:id:mr-explorer:20180211225657j:image

実家に帰ってきた。帰省というほど大げさなもとではない。2時間弱で帰ってこられる。親と過ごしていると、もうここは自分の家ではないんだと感じる。けれどもお風呂に入ったり寝る間際になってみると、一人暮らししていることが嘘のように感じる。正反対の感情や感覚が、数時間の間に交互にやってくる。不思議だ。

先日、愛犬が誕生日を迎え、14歳になった。人間でいうと80歳前後らしい。以前に比べ、明らかに寝る時間が増え、鳴くことも少なくなった。ただ、目が見えず耳が聞こえずとも、私の匂いを嗅ぎつけて、数回尻尾を振ってくれる。愛らしい。何時間でもそばに居てあげたいと思う。今はその時間が私にとっては1番大切だ、と心のどこかで思っている。