木陰のなかの水たまり

日常のささいなことや、光や影について、ゆるく書いていければなと思います。

ひとり旅に感じる寂しさについて

はじめに告白しよう。

 

私はひとり旅が好きだ。

 

もともとそこまで友人も多くない上に、計画も苦手ときたら、自然とひとり旅に走るようになる。

 

初めてひとり旅をしたときのことを、今でもよく思い出す。

 

シンガポール航空を乗り継いで、アイスランドエアーに乗って、レイキャヴィークに着いた日のことを。

 

あれは、18歳の夏、よく晴れた1日だった。

 

目につくものが新鮮で、地球の裏側まで来たなとワクワクした。

最初のひとり旅が、最初の海外旅行となり、それがアイスランドを選ぶなんて、一体誰が想像したことだろう。

 

アジア料理がある!

壁が鮮やかだなぁ!

夏なのにとても寒いなぁ!

 

拙い英語で、会話を試みるも、

相手とほとんど通じない。

 

けど楽しかった。

心臓がはち切れそうだった。

こんな場所にいるのが信じられなかった。

 

一方で、

ひとり旅独特の寂しさもある。

自分はこの地で本当に孤独なんだ。

 

身体の中から湧き出てくるような孤独。

 

何をやっても抑えようない切なさ。

 

涙さえ流れる。

 

発狂しそうになる。

 

この狂おしいほどの孤独。

 

その孤独を噛み締めながら、必死に目を開けて見た景色は、

本当に美しかった。