木陰のなかの水たまり

日常のささいなことや、光や影について、ゆるく書いていければなと思います。

コーヒーの美味しさと、歳を重ねることについて

コーヒーが好きだ。

濃いもの苦いものだと、なお良い。

 

コーヒーの美味しさと、歳を重ねることは似ていると思う。

人生に苦味が増し、それが味わいとなるからである。

 

いつから好きになったのだろう。

貧乏だった学生の頃。

 

本当は甘いコーヒーが好きだった。

それに、カフェにいるひとときも好きだった。

 

本を読みながらコーヒーを飲み、時間を忘れ、自己を忘れ。

 

とにかくお金がなかった私は、甘いコーヒーなんて、そんなに買い求めることができなかった。

いつも我慢して、ブラック。

とくにブラックが好きなわけでもなく、見栄をはるわけでもなく。

 

ただ、それでも飲んでいると、少しずつその苦味が身体に染み込んでいく。

香りが身体を包み込んでいく。

 

そっと。

 

そしていつの間にか、私はコーヒーの虜になった。

 

飲んでいると、たまに思い出す。

あの頃の自分。若かった、風がよく吹き抜けていく感覚。

 

今日のことを考えて精一杯生き、

人生の虚しさと儚さに少しずつ気がつきはじめ、

世に対する憤りや自分の不甲斐なさに、ひしひしと痛みが生まれた。

あの頃を。