Lonely Planet with FilmCamera

孤独な地球を写して

気分が晴れればいいのに

最近疲れからか、めまいとドライアイがひどい。昨日仕事中に眼科に行ったところ、涙の分泌量は正常だが、乾きが異常に早いとのこと。目薬を処方して様子を見ることに。ただめまいの方が気になる。素人目線でちょっと調べてみると、自律神経の乱れから上記の…

抹茶と木曜日

先日お茶をいただく機会があった。日本庭園で、お茶を立ててもらうのは至福だ。ただこの日は極寒で風も強く、凍えそうなほど寒かったが…。 あと1日行けば、週末。今週はあっという間だ。

東京タワーとフィルムカメラ

フィルムカメラで東京タワーを撮影。仕事終わりに、ふらりと立ち寄った。勤務先から徒歩数分でここまで行ける。 実は帰宅途中にはスカイツリーが見える。東京の二大鉄塔が生活の中にあるのは、ある意味凄いことかもしれない。

実家に帰って思うこと

実家に帰ってきた。帰省というほど大げさなもとではない。2時間弱で帰ってこられる。親と過ごしていると、もうここは自分の家ではないんだと感じる。けれどもお風呂に入ったり寝る間際になってみると、一人暮らししていることが嘘のように感じる。正反対の感…

毎日カメラを持ち歩く。

通勤カバンにカメラを忍ばせておくと、少しは平日が楽しくなる。ちょっとした風景に心奪われて。

花蓮での淡い記憶

今週は、あっという間に過ぎ去った。仕事が早く終わったっていうのもあるし、時間内に仕事がたくさんあって、あまり息をつく間もなかったからかもしれない。こんな具合に毎日毎日が瞬く間に過ぎ去っていくのは喜ぶべきことなのか、考えるべきなのか。気が付…

カメラで切り取る風景

気が付けば木曜日。フィルムカメラは、夜撮影したときに味が出ると思う。自分の目で見た風景と、カメラで切り取った風景。それぞれ異なるけど、どちらも正しいもの。自分の目だって、カメラだって偽りは写さない。 どちらも大切にしたい。

喫茶店で新聞を読むおじさま

名古屋はカフェが盛んなのに驚いた。モーニングが有名だということは聞いていたが、昔ながらのカフェ(喫茶店)が多くて、居心地が良かった。また行きたい。 今回は名古屋尽くしの旅で、みそカツ、手羽先、みそ煮込みうどんなど食を味わいつくした。リニアモ…

ばたばたと過ごす日々

カラリと晴れてよい天気。朝のこの時間が好きだ。私は朝の忙しさが堪らなく嫌いなので、ちょっと早めに行動を起こす。それで会社の始業までカフェでコーヒーを飲んでほっと一息をつくのが習慣になっている。思えば、これは学生の頃からの週間だった。缶コー…

寒い週末

日曜日の夜。とっても寒い。明日からまた平日で仕事。でも来週は三連休があるから、ちょっとは頑張れる気がする。 この週末は出かけたり写真を撮ったり、割とアクティブに過ごした。名古屋にも行ったし。名古屋のほうが、東京よりずっと寒かった。それに強風…

大雪の日に撮影したお気に入りの写真

大雪が降った日。手がかじかんでカメラも雪で濡れるなか、せっかくの機会だからとフィルムを入れて撮った写真。 お気に入りです。

優しい光に包まれて

この寒さには辟易する。朝起きるたびに、凍えるんじゃないかと思う。仕方がないから在宅時は暖房、ホットカーペット、加湿器など家にある家電製品はほとんど電源を入れる。おかげでブレーカが落ちる。だから使用アンペアを上げてもらった。電気代も、もちろ…

神保町を歩く

神保町をぶらぶら。古すぎてブックオフとかでは扱えないようなものがたくさんあった。文化的遺産が詰まった街。 廃盤になっても本はなんらかの形で残って欲しい。失ってから気づいても、遅い。

土曜日の清々しさ

先日のノラちゃんが、若干緊張気味だったので、無防備なところを。 枕、硬くないかい? 土曜日はすぐに終わっちゃう。 日曜はもっと短い。

ねこちゃんとフィルムカメラ

のらちゃん。普段は犬派な私も、猫を見ると思わず胸が躍る。特にのらちゃんには。人やモノに執着しないで、世間と距離を取りながら生きる様子は、どこか勇気づけられる。 実家の愛犬は、甘えん坊だからな。 ねこちゃん、写真を撮らせてくれてありがとう。

カメラという相棒

私は2台カメラを所有していて、どちらも長いこと使っている。1つは高校生のときにわずかな貯金とお年玉を全額費やして新品で買ったNikon D90というデジタル一眼レフカメラ。もう1つは大学生の頃に中古で購入したNikon FMというフィルムカメラ。Nikon D90…

早朝の雪かきと嬉しさ

私は普段、5時半に起床し、6時半には家を出ている。今朝いつも通り家を出たら、アパートの前が雪かきされていた。 思わず道路を見渡してみると、端から見事にきれいになっている。40代くらいの男性が一人で雪かきをしていた。私のアパートは、あんまり人通…

東京タワーとフィルムカメラと雪。

今日は予想外に雪が降っている。大寒波が来る!と連日ニュースで流れていたにもかからわらず、東京の帰宅ラッシュは大混乱だ。相変わらず交通網がマヒしている。私は幸い、地下鉄沿線に住んでいたため、何とか帰宅できた。が、実家に住んでいたらと思うと背…

不確かな記憶と平凡な写真

この写真は私が18歳の時に、単身アイスランドに渡った先で撮影したものである。当時はカメラについての知識や技術はなく、ただなんとなく撮影したものだ。先日過去の写真を整理して、たまたま出てきのである。 ここに写っている青い服を着た女性はフランス人…

金曜日とフィルムカメラ

ようやく一週間が終わり。非常に運がよく定時で退社することができた。フィルムカメラを手にするだけで、世界が広がったような気がする。まだ見ぬ世界を、ファインダーに求めて。

心のバランス

生きている上で、良いことと悪いことのバランスは、なぜか不思議とある。良いことの方多かったら、嬉しい限りではあるが奢らないように戒めが必要だし、悪いことが多ければじっと耐えたりやり方を見直したりする必要が出てくる。 良いことと悪いことといって…

明日は金曜日

明日はいよいよ金曜日。年明けではじめての5連勤が終わる。ようやく日常が戻ってきた。最近、スマホで写真を眺めている時間が多く、目がとても痛い。帰宅してもスマホやパソコンを見て、合間に読書したりして、なんだかボーっとしていない気がする。好きな…

木曜日の気分

水曜日も終わり。年が明けて、5連勤は初めてだ。ようやく日常の業務が始まったと実感できた。これからしばらくは長期連休がないとなると、週末や仕事終わりのちょっとした時間に息抜きをすることが求められる。どう過ごしたら自分にとって、身体的にも精神…

月曜日の夜はゆっくり過ごそう

月曜日が終わる。一週間の始まりはいつだって憂鬱だ。今日は珍しく仕事が早く終わったので、ゆっくりお風呂につかり、読書。温まりすぎたので、湯冷ましをしながらこのブログを書いている。最近はもっぱら夏目漱石を読んでいる。この十何年かは海外の古典文…

友人との夜ごはん

今日は久しぶりに仕事が早く終わったので、家でゆっくり食事を食べた。そしたら近所に住んでる友人から、一緒に夜ごはんでもどうだと誘われたので、お茶だけでもと思っていたが、着いていった先のお店がとても美味しそうで、2食分食べてしまった。こんなにお…

いつまでも変わらない君へ

いつまでも変わらない君でいて欲しいと願う。変わっていくと、だんだん自分と遠ざかっていく気がするから。仲良かった人とは、いつかは疎遠になる。毎日一緒に過ごした人とは、心は通いつつ会う頻度は減ってしまう。 そういうものなのだろう。 いつまでも、…

友人との時間を、その時の空気まで収めたい

幸い、友人たちとは住んでいる地域が近く、頻繁に会える。ただ今後は年齢的なこともあり人生の岐路に立つことが多くなる。いつまで一緒にいられるかわからない。一緒にいられるうちに、今の彼や彼女たちを写真に収めたい。 離れ離れになっても、彼らがそばに…

理不尽だと思うこと

職場の指導員というか上司と馬が合わない。自分のことを感情的に嫌っているのが手に取るようにわかる。いい年なのだから態度には出してほしくないのだが、露骨に出してくるのが厄介だ。こちらも大人の対応をすればよいものの、落ち込んだり緊張したりするの…

友人とのちょっとした時間

今日は上野公園で友人と散歩。急遽決まった予定だったけど、出かけて良かった。一人でいると塞ぎがちになる気持ちも、友人のおかげで明るくなる。感謝。

正月休みも終わって

あれだけ楽しみにしていた年末年始休みも終わってしまった。私は昨日から仕事。テレビ番組も街の様子も、正月特有の雰囲気から日常へと戻りつつある。 これからしばらくは長期休みがないので、なんとなく気持ちがブルーだ。 今年の目標、まだ立てていない、…